あなたのがん治療法の選択をサポートする総合情報サイト

>

「免疫療法」ってなあに?がん治療法のニューフェイス

免疫療法のメリットと実際の治療例は?

免疫療法は、人間の体内に存在している「獲得免疫」の力を強めてがん細胞を自然に排除させようというものです。
人間の免疫には、体内に侵入した異物を判別し、排除する働きがあり、がん細胞もこの働きによって異物として排除されます。しかし、この免疫の力が弱まっているときや、がん細胞が免疫の作用から逃れるように変異してしまった時などには、免疫の作用ではがん細胞を異物として排除しきれないことがあり、それががんによる病変に繋がるのです。
免疫療法では、がんによる症状の緩和や、延命効果が期待できます。さらに、免疫療法ではすぐに治療効果があらわれることが多いです。(場合によっては、効果の発現までに時間がかかることもあります。)さらに、最近では免疫療法を終了した後にも治療効果が持続する場合もあることがわかってきています。また、これまでの抗がん剤による化学療法に比べても副作用が少ないといわれています。

免疫療法のデメリットとは?

免疫療法には最近話題の「オプジーボ」の服用をはじめとして、さまざまな種類があります。しかし、免疫療法自体がまだ新しい治療法で研究開発途上のものが多くあり、治療効果や副作用については不明点も多く残されています。なかには、必ずしも効果を期待することのできない治療法もあり、注意が必要です。このため、他の標準的な治療法が使えなくなるなどして免疫療法に踏み込もうと考えるときは、治療に入る前に公的制度に基づく臨床試験、治験などの研究段階の医療について精通している医師にセカンドオピニオンを求めましょう。
さらに、保険適用外になる治療法もあるため、経済的な見通しを持って治療に望むことが特に強く求められています。しかし、保険適用外の場合でも必ずしも全額自己負担になるとは限らず、例外的に未承認薬等の使用と保険診療との併用を認める制度である保険外併用療養費制度により費用負担を軽減できる場合もあります。


この記事をシェアする